トップページ > 妊婦だからこそ病院に行ったのに…

妊婦だからこそ病院に行ったのに…

"二人目を妊娠した時に、風邪をこじらせてしまい産まれて初めて中耳炎にかかりました。
最初、中耳炎の症状と気がつかず、ほっぺの上のあたりが痛い、頭がズキズキする、歯が痛いような感覚が続き、本当に妊娠中期2カ月ほどずっと何の症状か分からず、辛い思いをしていました。我慢するだけして、もう耐えられない…とネットで調べたところ、中耳炎の症状だと言うことがわかり、病院にその日のうちに向かいました。あまりの痛さに激痛が走って日常生活に支障をきたすと病院で伝えたところ、先生が提案したのが「鼻うがい」でした。鼻うがいを1回して「はい、また来てください」と言われて「え?」って感じだったんですが、薬でもくれるのかな?と思っていたら薬も「妊婦さんは薬、飲まない方がいいからね」と言われて、それで診察完了、初診料込みで2000円近くとられ…とっても悲しかったのと、ショックで痛みがひどくなりすぐに運転出来なかったので、駐車場で2時間くらい寝ていたのを覚えています。
妊婦だから薬を処方するのはちょっと…と先生が思われるのもわかりますが、妊婦が耐えられないくらいの痛みだからこそ病院に渋々来ているということも理解して診察して欲しかったです。
結局自力で治しました。
"

関連情報一覧

病院での不満について