トップページ > 年末大忙しのお花屋さんの裏方

年末大忙しのお花屋さんの裏方

"年末年始になると、大掃除をして家の中に花を飾り、粛々と新年を迎えるご家庭や、年始早々にお墓参りにいらっしゃる方が多いようで、花屋さんは年末ぎりぎりまで大忙し。
少し大きな規模のお店になると、お客さんは途絶えることなく、ひっきりなしに補充しないと瞬く間にお店が空になってしまう勢いで売れまくります。

そんな花屋さんに、裏方として年末1週間程度アルバイトに入ったときのこと。

工場長の指示に従ってベルトコンベアの前に立ち、君はこの花、君はこの花と、各々色んな種類(各人1種類ずつ)の花を抱えて次々流れてくるベルトに1本ずつ置いていく、という作業を繰り返します。

最後に、ベテランの方や工場長が体裁を整えて束を留め完了、という、非常にスピーディーに花束が大量生産されていきます。

なので、次々にトラックが一杯に、それをお店に運び(結構近い距離にあったのです)、また工場に戻ってきて花束を積んで・・・という繰り返しだったのですが、とにかく売れまくっているので、作って作って作りまくってもまだまだ作らないといけないという盛況ぶり。

花も生ものなので結構重いし、花のためにギンギンに冷やされているから冬なのに外のが暖かかったりするし、華やかそうに見えたけれどもかなりなハードワークでした。

でも仕事納めの大みそかには、元日はお店も休みなので余ったお花をたくさんもらって帰ることができたのでラッキー♪
両手に抱えきれないほど、しかも普段買うことも見ることもあまりない珍しい花もあったりで、親にはとても喜ばれました。

大変だったけど、楽しかったし、最後には嬉しいアルバイトでした。"

関連情報一覧

資格関連リンク集3