トップページ > 歯科技工士が手がける分野

歯科技工士が手がける分野

歯科技工士が作るものは、歯だけに限りません。歯科技工士は
これ以外にも、補聴器を組み込むためのイヤーモールドや
スピーチエイド、インプラント、マウスピースなどがあります


高齢者など音がきこえない、聴きとりづらいといった症状の人に
見た目には分からないよう、超小型の補聴器を耳のなかに収まるよう
設計されたものがあります


インプラントというのは、人工の歯根や義眼をはめ込むための
支柱のような役割を果たすものですね

歯の抜けた部分にチタン金属が材料の歯科修復物をアゴの骨に
埋めます。また目のまわりの筋肉にフィットさせないといけません


スピーチエイドとは、病気、口蓋破裂などで口のなかに
穴が開いた状態で、このままの状態では息がもれて
ちゃんと話ができないですね

穴をプレートのようなもので塞いで、発音ができるようにします


マウスピースは、スポーツ選手がよく使っているのを目にした
ことがあると思いますが、かみしめる事は力や握力を出したり、
重心のバランスを取りやすくしたりします

ただ、その反面、噛む力が強すぎたり、長期にわたれば歯の
損傷につながります。それを防ぐために使用します


こういったミクロの技術からスポーツに至るまで、あらゆる分野で
使用されドンドンこらからも応用されて使われることでしょう

関連情報一覧

収入別、職業別で見るお金を借りる方法まとめローンの申し込みはこちら。

歯科技工士の勤務時間