トップページ > 歯科技工士国家試験について

歯科技工士国家試験について

国家試験は年に1回で、試験の行なわれる
都道府県によって違いますが、2月下旬から
3月上旬にかけて行なわれますね

試験は、知識のための学科試験と実技のための
実地試験とで日をわけ2日間で実施されます

試験を実施する日程や試験場所、試験内容は
都道府県知事に委任されているため異なります

試験は各都道府県に任されているので、問題数や
出題傾向は多少異なります。ただし試験科目や
試験形式は決まっていますね


◆受験資格について

1)文部科学大臣が指定した歯科技工士学校を卒業
  した者(3月下旬までに卒業見込みのある者)

2)厚生労働大臣が指定した歯科技工士養成所を卒業
  した者(3月下旬までに卒業見込みのある者)

3)歯科医師国家試験または歯科医師国家試験予備試験
  の受験資格がある者

4)外国の歯科技工士養成所などを卒業した者、または
  外国で歯科技工士免許を得た人で、厚生労働大臣が
  適格と認めた者

◆試験に必要な書類

1)受験願書
  氏名は戸籍に記載されているものを使用

2)卒業証明書又は卒業見込み証明書、歯科技工士試験受験
  資格認定書の写し

3)写真
  出願前6ヶ月いないに脱帽正面で撮影した縦6cm
  横4cmのもので、その裏面に撮影年月日および氏名を
  記入すること

◆受験手数料:36000円

受験に関する書類の受付期間は、各都道府県によって異なり
書類は期間内に各都道府県の知事宛に提出します

合格発表は約週間後に都道府県知事の公示により「合格証明書」
が発行されます


◆試験科目について
試験内容は都道府県によって違いますが、8科目で決められています

1、歯科理工学 2、歯の解剖学 3、顎口腔機能顎 4、有床義歯技工学
5、歯冠修復技工学 6、矯正歯科技工学 7、小児歯科技工学 8、関係法規

◆実地試験について

全部床義歯の歯肉形成、配列、歯冠彫刻など

関連情報一覧

歯科技工士養成施設の教育科目