トップページ > 歯科技工士の歴史

歯科技工士の歴史

入れ歯など歯科技工物は、縄文時代からあったと
いわれています

歯科技工士のルーツは江戸時代中期には、入れ歯を
つくる職人、「入れ歯細工職」がいました

歯の治療を行なっていたのも「歯抜き」
とよばれる職人でした

従弟関係の中で、技術や技能が伝えられてきました

明治時代には外国から歯科医師がくるようになり、
日本でも歯科医師がでてくるようになりました


1906年、医師法と歯科医師法が整備され
歯科医師の資格が法律で認められ
身分と業務が確立されました


1912年、入れ歯細工職人の仕事を法律で
資格として、認定を受けようとしたのですが、
受け入れられませんでした


1948年、歯科衛生士法が制定されましたが
歯科技工士法案は検討されていましたが
制定されませんでした


1955年にようやく歯科技工士法が制定され
歯科技工士の資格が認定されるようになりました


1982年、法律改正で、免許発行権者が都道府県知事
から厚生大臣(現・厚生労働大臣)に変更されました


1992年、人材育成のために養成所の学科課程
などが改められました


1994年、歯科技工法が歯科技工士法に改称されました
歯科技工士国家試験の受験資格に文部大臣(現・文部科学大臣)
の指定した歯科技工士学校を卒業した人が加えられ
大学、短大にも歯科技工士養成機関が開設できることになりました

関連情報一覧

歯科技工士の作るもの