トップページ > 歯科技工士の作るもの

歯科技工士の作るもの

主な歯科修復物は、主に次のような物です

●インレー(つめもの)
虫歯になった時に削って、そこにセメントや接着剤でつけます
インレーの素材には金属、プラスチックや陶材などがあります

金属は強度があり加工しやすいのが特徴ですね
金属ですので、色で目立つので奥歯に使われます

プラスチックや陶材は、金属に比べて強度は劣りますが、
色が歯に似ているので前歯に使われますね


●クラウン(かぶせもの)英語でCROWN「冠」
虫歯や事故で、ほとんどの部分がなくなった場合に
つめものではカバーしきれません

その時に人工の歯を作るようなものですね

素材は、インレーで使うのと一緒で金属、陶材
プラスチックを使用します


●ブリッジ「橋」
1本、あるいは数本の歯がなくなった時に
つくる歯科技工物です

両サイドの歯にインレーやクラウンをほどこし
両サイドの歯と人工物の歯をつなげます


●全部床義歯(総義歯)「総入れ歯」

総義歯は、すべての歯がなくなったときに使います
歯肉から歯までを再生してあるものですね

噛みあわせや歯ならび、発音機能まで、その人の
特性や年齢を考慮してつくられます

感覚がシビアな場所なので、噛みあわせのポイントで
許される遊びはコンマ数ミリですから
かなりの技術が必要です


●部分床義歯「部分入れ歯」

部分床義歯は一部分を失った場合に作られます
健康な歯に止め具を引っかけて使います

入れ歯を安定させるためにクラスプという
バネを使います


●矯正装置

正しい位置に永久歯を生やすために間隔を確保
したり、歯ならびを整えたりするために
使われる歯科技工物です

他にあごを正しい位置に戻し、あごの発達を
助ける器具なども含まれますね

歯を全体的に弱い力で拘束すると歯を動かしたい
方向に動かすことができます

関連情報一覧

歯科技工士の仕事