看護師、看護士試験のための基礎知識

トップ > 保護者のような派遣会社

保護者のような派遣会社

"私が以前勤めていた会社には、派遣会社の事務員がいました。
彼女の派遣会社は、本当に保護者のようで、採用面接のときは同伴し、面接の受け答えのフォローをしていました。
また、採用後も勤務態度や、仕事内容について、定期的に聞いてきました。
いわゆる、会社と派遣会社社員の間にたって、潤滑油的な存在になってくれていました。
それだけのフォローをしてくれるので、当然紹介料や派遣社員の契約期間に数%の手数料を毎月派遣会社に支払っていました。
手数料を支払うことは、ある意味双方でメリットがありますが、会社にとっては、給料以外に余分に経費がかかるというデメリットもあります。
ただ、変な社員を雇うよりは、派遣会社のお墨付きがあるので、会社には安心のようです。
完全なる時間性なので、残業もきっちり報告しますし、なんとなく同じ会社でいながら、違う会社の人のイメージで一緒に仕事をしていました。
どちらにしろ、会社はメリットを重視して派遣社員を雇っていたのだと思います。
"

関連エントリー

ページ上に戻る

トップ

看護師について

看護師免許取得者の職場

看護師の生活環境

看護師資格への目標設定

職場環境のお話

その他の資格

サイトについて

仕事の話

リンク

病院について