看護師、看護士試験のための基礎知識

トップ > 短大の食物科で栄養士の資格

短大の食物科で栄養士の資格

"短大の食物科に入学し、栄養士の免許が取得できるということだったので、
その必修科目の授業をすべて受けて、栄養士の資格を取りました。
必修科目は多く、2年間みっちり勉強する感じでした。
授業は講義はもちろん、和洋中などの調理実習から、理科の実験のような分析をする授業、
かまぼこや缶詰のような加工品を作る授業など、興味深い授業が多く、楽しかったです。
校内には実習用の給食施設もあり、学生向けに給食を作り、
給食の券を販売して他の学科の友人に食べに来てもらったこともあります。
校外での実習も必須で、病院の給食施設を2ヶ所、それぞれ1週間ほど勉強に行きました。
実際の給食施設で働くのは大変でしたが、とても勉強になりました。
短大だったので、管理栄養士の資格は取れないのが残念でしたが、栄養士は合格できました。
人は日々の食事で、健康になる人もいれば、生活習慣病のような病気になる人もいます。
栄養士の資格を取ることで、食事による健康管理もできるようになって良かったと思います。"

関連エントリー

ページ上に戻る

トップ

看護師について

看護師免許取得者の職場

看護師の生活環境

看護師資格への目標設定

職場環境のお話

その他の資格

サイトについて

仕事の話

リンク

病院について