看護師、看護士試験のための基礎知識

トップ > 深夜勤務は定時で終われない

深夜勤務は定時で終われない

"私は以前病棟看護師をしていました。
深夜勤務は0時~9時までで途中休憩を取りますが、食事休憩ぐらいしかとれませんでした。

巡視以外にも点滴の管理、患者さんの体位交換、尿量チェック、採血、排泄介助などやる事が沢山ありました。
眠くて体が動かなかったのでほぼ気合だけで仕事をこなしているという感じでした。

色々終えて日勤帯への申し送りが終わり、少し休憩をしてぼーっとしているとすでに9時を過ぎてしまい、慌てて記録に取り掛かっていました。
記録をしている頃にはもう意識が遠のき始めていて、気づくとボールペンを手にしたまま眠っていました。

誰かしらナースステーションにいるので、寝てしまっても声をかけて起こして貰えすのですが、放っておかれたらきっとずーっと眠っているんでしょうね。

日勤帯の残業はしないように!と師長さんから言われていますが、深夜帯の残業はそこまで強く言われませんでした。
他の看護師達も、深夜勤務の時は記録をする時間が取れない為みな残業をしていました。
たまには定時で帰りたかったです。

"

関連エントリー

ページ上に戻る

トップ

看護師について

看護師免許取得者の職場

看護師の生活環境

看護師資格への目標設定

職場環境のお話

その他の資格

サイトについて

仕事の話

リンク

病院について