看護師、看護士試験のための基礎知識

トップ > プロのマネージャーを目指した会社生活

プロのマネージャーを目指した会社生活

" 私の長年のサラリーマン人生において、尊敬できる上司がいかに少ないかを痛感してきました。
 上司は、一般社員が何らかの方法で選抜され、役職が付き、その組織の長として部下を持ちます。
 選抜されて組織の長になったのですから、その前段階のポジションで、それなりの成果を上げた人が多いのものです。
 しかし、プレーヤーとしての能力とマネージャーとして必要な能力は違います。またマネージャーとしての訓練を受ける事が一般的に少なく、プロのマナージャーとしてマネージメント能力に長け、かつ人格的にも尊敬できる上司は部下から見れば意外と少ないのです。
 私は技術系のサラリーマンで、管理職になった時、技術スキル以上に、これからは経営感覚、人材育成、人格を磨き、プロのマネージャーになろうと決心しました。
 そのために多くの書籍を読み自己啓発に努めました。特に人格はハウツウ本などでは高められません。ビジネスと関係のない文学書に触れ、思考を深める事に努力もしました。
 決して上位の役職を狙うのではなく、部下に慕われる人格と適切なリーダーシップの発揮やコーティングができるマネージャーを目指しました。
 その結果、さらに上位への出世はしませんでしたが、多くの満足できる成果を部下と一緒に上げる事ができました。また、定年退職を迎えた時、感謝の集いには信じられないほど多くの関係者が集まり、送ってくれました。
 これは、私の会社生活における一番の勲章となりました。"

関連エントリー

ずっと働ける派遣は天王寺にある?
★クリエイティブ系ワーク特集吉祥寺の人材派遣会社ランキングsiteをご覧ください!

ページ上に戻る

トップ

看護師について

看護師免許取得者の職場

看護師の生活環境

看護師資格への目標設定

職場環境のお話

その他の資格

サイトについて

仕事の話

リンク

病院について