看護師、看護士試験のための基礎知識

トップ > 看護師になるための順序

看護師になるための順序

看護師になるための順序
高校卒業後、看護大学を4年又は看護短期大学3年、
看護師養成所、看護専修学校を3年ないし4年間

勉強し基礎知識を学び、国家試験を受けて合格すると
看護師になれます

また、4年制の大学であれば看護士と他に保健師、
助産師の勉強もして、看護師とどちらか、
それとも三種類ともに国家試験を受験することができます

更に看護について研究したいなら、大学院の進学もあります


社会人からの場合は、仕事を辞めて社会人入試制度を
実施している看護系の大学、短大もしくは専門学校に
受験する方法があります


看護系でない大学生や短大生は、中退するか卒業してから
もしくは編入できる看護系に入るかになりますね


============================

ここでもどういう看護師になりたいのか、はっきりとした
目標をもっておくことが、重要だと思いますね

大学で学ぶ場合は、幅広く教養が身につき科学的、
論理的で思考力をつけることを重きにしていますね

専門学校で学ぶ場合は、実践的な事を重きにしています

============================

もうひとつ准看護師の場合は
中学卒業後、准看護師養成所を2年又は高校衛生看護科を
3年ないし4年のあと

都道府県知事試験を受けて、准看護師になれます
そこから看護師にもなれますが

かえって大変ですし、制度も変わってきています
中卒者は、ほとんどいません

高校衛生看護科は5年間の一貫性になてきていて
卒業すると国家試験が受けれますね

廃止の方向も検討されているようなので、
よく調べてから決断してください


今後、4年制の看護大学が増えていくでしょう

関連エントリー

ページ上に戻る

トップ

看護師について

看護師免許取得者の職場

看護師の生活環境

看護師資格への目標設定

職場環境のお話

その他の資格

サイトについて

仕事の話

リンク

病院について