看護師、看護士試験のための基礎知識

トップ > 訪問看護

訪問看護

資格を取って、いきなり訪問看護師なるのは
まず無理だと思います

なぜなら、訪問看護の場合は訪問先に一人で行って
一人ですべてのことに対応しないといけません

体温や血圧を測り、健康チェックからリハビリ、入浴
排泄の処理、かかりつけ医師の指示による処置、医療器具の
チェック、本人や家族との相談等など他にも沢山あります

病院や診療所などで、いろんな経験を積み、知識や技術を
身に付けて的確に判断できるようにならないと誰も助けて
くれませんし自分しかいないのですから

中には看護師自ら立ち上がって、独立する場合もあります

もちろん経験を積んで、知識や技術があってのことですが
独立するには、それだけでなく資金や経営者としての能力もいります

今の現状では、新人を育てる余裕もないのと制度、体制が
整っていないのが現実ですね

将来出来ているかもしれませんが、難しいでしょうね

病院が訪問看護を行なっているところもあります
退院した人の家に行くなど

高齢化が進むなかで、これから益々訪問看護が
必要とされ重要な役割になってくることでしょう

関連エントリー

ページ上に戻る

トップ

看護師について

看護師免許取得者の職場

看護師の生活環境

看護師資格への目標設定

職場環境のお話

その他の資格

サイトについて

仕事の話

リンク

病院について