看護師、看護士試験のための基礎知識

トップ > 看護師の組織と上司

看護師の組織と上司

総看護師長
一般的な会社でいうところの部長クラスにあたりますか

看護師の人事、採用を行なったり、看護の方針や
計画を立てたりします

特に病院では、院長がいて病院の運営を事務部長
他に診療部長がいて、院長の補佐をしています

医療において看護師の役割は大変大きいものですし
外せません

人数も多い事から総看護師長の立場というのは
院長に次いで、その責任は重いものといえます


看護師長
各部署のリーダーであり、安全面、業務面で
管理運営していかないといけません

かなり神経を使う立場ではないでしょうか
看護の仕事の全般を引き受けているわけですから

それとは別に、若い人の教育、実習生の受け
入れまで、隅々まで目を配ります

そのため、統率力や判断力、行動力が必要ですね
人間としての厚みも備わっていないとできませんね


主任
看護師長を補佐しながら業務を行います
職場の運営をまとめていきます

スタッフの間での意見をきたり、病院の方針を伝えたり
いろんな人の橋渡し的役割もありますね

役割分担がそれぞれにあるわけですね
自分のできることをやるだけです

関連エントリー

ページ上に戻る

トップ

看護師について

看護師免許取得者の職場

看護師の生活環境

看護師資格への目標設定

職場環境のお話

その他の資格

サイトについて

仕事の話

リンク

病院について