看護師、看護士試験のための基礎知識

トップ > 看護師資格について

看護師資格について

国家資格とは国が法律で定め、国や地方自治体などが
認定する資格のことをいいます

看護師も国家資格であり、医師以外の人が看護を
してはいけないので業務独占になります

「保健師助産師看護師法」に基づき、厚生労働大臣が
免許を交付します

保健師、助産師も同じですね

あと学校の保健室の先生も看護師の免許を取ってから
なれる養護教諭というのもあります

一度取ってしまえば、一生使えますし更新もしなくて
もいいのが特徴ですね

だからといって、取ってしまえばそれでいいのかと
いうとそうではなくて、そこから始まりなわけです

取ってはじめてベース下地ができ業務が行なえるたわけで
これから現場で経験を積んでいくのです

習ってきたことは、本当に基礎的なことで、働くように
なると習ってきた事など、当たり前のことと思うでしょう

また、新しい知識や専門的なことを勉強しなくては
いけなくなるでしょうから

本当に大変なのは働くようになってからですね

こう言う事を知っておけば、目標を高くもつことで、
逆に学校時代の大変さは乗り越えるのではないでしょうか

当たり前だと思えるのでは・・・

関連エントリー

ページ上に戻る

トップ

看護師について

看護師免許取得者の職場

看護師の生活環境

看護師資格への目標設定

職場環境のお話

その他の資格

サイトについて

仕事の話

リンク

病院について